売上UPの秘訣教えます!単品リピート通販 LTV・成約率を上げる方法とは?

 

開催概要

コロナ禍を経て、現在のビジネストレンドととして注目を浴びているEC業界。
参入してくる企業様が増え、群雄割拠と化すこの業界の中において、各企業様はそれぞれ差別化を図り、自社の「売り上げの最大化」を目指さなければなりません。
また、業界のノウハウが乱立し、どこから着手すればよいか迷われているお客様の声も多く頂戴しています。

そこで注目したいのが、売り上げの最大化においての最重要指標である『成約率』と『LTV』についてです。
本セミナーでは、単品リピート通販のビジネスモデルからなる改善ノウハウとソリューションの活用を絡め、成約率とLTV改善に特化した売り上げアップの手法についてご紹介します。

開催日時

開催日時2022年5月26日(木) 13:00〜14:30
会場本セミナーはオンライン開催となります。
お申し込み後、メールにて視聴URLをお送りします。
お手持ちのPCまたはスマートフォンよりご参加ください。
参加費無料

こんな方にオススメ

・リピート通販の顧客継続率に課題を感じている方
・コールセンターの解約問合せ対応コストを削減したい方
・データを根拠とした成功事例を知りたい方
・通販サイトへ導入する決済を検討中の方
・成約率が低いことに困っている方
・LTVが伸び悩んでいる方

タイムスケジュール

13:05-13:30第1部:リピート通販の継続転換率28.5%「解約しやすいのに継続を促す」ブランド体験とは

(登壇者:株式会社wevnal BOTCHAN Keeper プロダクトマネージャー 津本 海)

13:30-13:55第2部:ECサイトの立ち上げ・運用において要となる「決済」とは?新規顧客のコンバージョンを上げる決済手段を大公開!

(登壇者:ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社 森 咲季)

13:55-14:20第3部:成約率15%以上&LTV25,000円以上のメーカーが実践している施策とは?

(登壇者:サブスクD2C総研株式会社 代表取締役 新井 亨)

14:20-14:30第4部:質疑応答

※時間の都合上、全ての質問にお答えできない場合もございます。あらかじめご了承ください。
ウェビナー内でお答えできなかった質問に関しては、終了後のメール、もしくはお電話にて個別で回答いたします。

登場者紹介



津本 海

株式会社wevnal BOTCHAN Keeper プロダクトマネージャー




1995年栃木県生まれ。
東京大学大学院在学中、日本ディープラーニング協会エンジニア資格を取得し、
フリーランスエンジニアとしてスタートアップの事業開発などに従事。
大学院卒業後、株式会社wevnalに新卒入社。BXプロダクト開発部にて新規事業開発を行う。
現在では、リピート通販の継続率を引き上げLTV向上に貢献するチャットフォームサービス BOTCHAN Keeper のプロダクトマネージャーを務める。





森 咲季

ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社




2015年国際基督教大学卒業後、
通信会社でコールセンターの設計構築、海外法人営業を経験。
計70拠点のプロジェクト参画や働き方改革・IoT案件に携わる。
2019年より海外商品を扱う専門商社に転職。
ECサイト立上げ・SNS運用・Google Analyticsを用いた営業戦略を考案し、ひと月の売上目標が2倍の成果を得る。
2021年3月より現職。ECサイト運営者として得た経験をもとに加盟店の立場に寄り添った提案活動を行っている。通販エキスパート1級保持者。





新井 亨

サブスクD2C総研株式会社 代表取締役




EC業界未経験から社員たった1名、設立わずか1年で年商10億円を突破。
驚異的な単品リピート通販のビジネスモデルを構築。
1ブランドたった1つの商品で億を超えるヒット商品を連発。
その実績が話題となり上場企業の講演会の講師に任命され、全国各地で講演を行っている。
自ら体験した「単品リピート通販ビジネスモデル」を体系化し、事業の立ち上げ支援に取り組んだ結果、多くの企業が「億を超える売上と利益を達成し続ける」という成果を挙げた。(支援を行ってきた会社の総額売上は100億円を超えている)
D2Cの無限の可能性を世の中に広げるべく、コンサルティングを始め、元通販会社ではなく現役プレイヤーという”生”の視点で支援を行うことで多くの企業の0→1の達成・売上アップ・利益アップに貢献している。
2021年には書籍「サブスクD2Cすごい売り方」を出版。

 

 


※ご注意
競合にあたる企業様はご参加いただけない場合がございます。あらかじめご了承ください。

チャットフォームで
資料をダウンロード

資料をメールで受取る

Request document via chatform

Receive document via mail

サービスの改善でお困りの方はお気軽にご相談ください。課題に応じた手法をご提案させていただきます。

チャットフォームで
お問い合わせ

Contact us via chatform

サービスの改善でお困りの方はお気軽にご相談ください。課題に応じた手法をご提案させていただきます。