ニュース

NEWS

「BOTCHAN AI」の検索結果 3件を表示

2020.07.01

【スマホ時代のおもてなし】オンライン接客「BOTCHAN」サイトリニューアルのお知らせ

株式会社wevnal(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:磯山 博文、以下wevnal)は、オンライン接客プラットフォーム「BOTCHAN」シリーズの公式サイトをリニューアルしたことを、お知らせいたします。これまで独立して存在していた、「BOTCHAN」シリーズの各サービスサイトを統合することにより、お客様の課題に合わせた「BOTCHAN」をご提供することが可能になりました。 ▼「BOTCHAN」サービスサイト https://botchan.chat/ 現在では、相手に合わせたコミュニケーション方法で、ユーザーに合った「適切な」情報を届けるニーズが高まってきています。スマートフォンの普及によって、情報量は激増。その結果、「選ぶのは面倒だから、誰かにお任せしたい」という消費スタイルが進んでいます。 ※参考:「選ばない買物」へと向かう生活者(https://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2018/01/20180131-2.pdf) wevnalが開発・販売するオンライン接客プラットフォーム「BOTCHAN」は、ユーザーの行動や状況を「見える化」して、それぞれのニーズに応じたパーソナライズドマーケティングを実現します。今回のサイトリニューアルは、「BOTCHAN」シリーズの集約や、導入事例、セミナー情報の掲載などを通じて、お客様がそれぞれのマーケティングフェーズで抱える課題の解決方法を、より分かりやすくお伝えすることを目的に行いました。 今後もwevnalは、「BOTCHAN」シリーズがお客様にとってより幅広くご活用いただけるよう、機能・情報の充実化を継続的に図り、お客様のユーザー満足度向上に寄与します。   サイトリニューアルのポイント ①「BOTCHAN」シリーズ通して、お客様の様々なマーケティング課題の解決が可能であることを認知していただくべく、1つのサイト内でBOTCHANシリーズ全プロダクトの閲覧が可能となりました。 ②サービスページに導入事例を掲載しました。導入企業様が導入前に抱えていた課題や「BOTCHAN」選定のポイント、導入効果、今後の展望など、お客様の生の声をお伝えいたします。   BOTCHANシリーズとは(https://botchan.chat/) 「BOTCHAN」とは、オンライン接客プラットフォームとして、ユーザーを見える化し、それぞれのユーザーに合った情報を提供します。どのマーケティングのお悩みも「BOTCHAN」で解決に導きます。   「BOTCHAN EFO」 サイト内のチャットボットが起動するバナーをクリックすると、チャットフォームが出現。チャットを通じてユーザーとコミュニケーションをとるUXを実現し、入力への心理的負担を軽減することで、ユーザーの離脱を防ぎます。 BOTCHAN EFO   「BOTCHAN PAYMENT」 会話型の入力によるインタラクティブな入力フォームと、決済機能を兼ね備えることで、Web上での接客体験を向上。カゴ落ちユーザーの軽減や、CVR・LTVの最大化を実現します。 BOTCHAN PAYMENT 「BOTCHAN AI」 サイトに眠る膨大なデータをもとに、AIがサイト内の各コンテンツの特徴を分析して、ユーザーのニーズと紐付けます。そして、ユーザーからの質問をリアル接客のように、チャット形式で対応。一人ひとりに合わせた商品のレコメンドを、自動的に行うことが可能です。 BOTCHAN AI

株式会社wevnal(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:磯山 博文、以下wevnal)は、オンライン接客プラットフォーム「BOTCHAN」シリーズの公式サイトをリニューアルしたことを、お知らせいたします。これまで独立して存在していた、「BOTCHAN」シリーズの各サービスサイトを統合することにより、お客様の課題に合わせた「BOTCHAN」をご提供することが可能になりました。 ▼「BOTCHAN」サービスサイト https://botchan.chat/ 現在では、相手に合わせたコミュニケーション方法で、ユーザーに合った「適切な」情報を届けるニーズが高まってきています。スマートフォンの普及によって、情報量は激増。その結果、「選ぶのは面倒だから、誰かにお任せしたい」という消費スタイルが進んでいます。 ※参考:「選ばない買物」へと向かう生活者(https://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2018/01/20180131-2.pdf) wevnalが開発・販売するオンライン接客プラットフォーム「BOTCHAN」は、ユーザーの行動や状況を「見える化」して、それぞれのニーズに応じたパーソナライズドマーケティングを実現します。今回のサイトリニューアルは、「BOTCHAN」シリーズの集約や、導入事例、セミナー情報の掲載などを通じて、お客様がそれぞれのマーケティングフェーズで抱える課題の解決方法を、より分かりやすくお伝えすることを目的に行いました。 今後もwevnalは、「BOTCHAN」シリーズがお客様にとってより幅広くご活用いただけるよう、機能・情報の充実化を継続的に図り、お客様のユーザー満足度向上に寄与します。   サイトリニューアルのポイント ①「BOTCHAN」シリーズ通して、お客様の様々なマーケティング課題の解決が可能であることを認知していただくべく、1つのサイト内でBOTCHANシリーズ全プロダクトの閲覧が可能となりました。 ②サービスページに導入事例を掲載しました。導入企業様が導入前に抱えていた課題や「BOTCHAN」選定のポイント、導入効果、今後の展望など、お客様の生の声をお伝えいたします。   BOTCHANシリーズとは(https://botchan.chat/) 「BOTCHAN」とは、オンライン接客プラットフォームとして、ユーザーを見える化し、それぞれのユーザーに合った情報を提供します。どのマーケティングのお悩みも「BOTCHAN」で解決に導きます。   「BOTCHAN EFO」 サイト内のチャットボットが起動するバナーをクリックすると、チャットフォームが出現。チャットを通じてユーザーとコミュニケーションをとるUXを実現し、入力への心理的負担を軽減することで、ユーザーの離脱を防ぎます。 BOTCHAN EFO   「BOTCHAN PAYMENT」 会話型の入力によるインタラクティブな入力フォームと、決済機能を兼ね備えることで、Web上での接客体験を向上。カゴ落ちユーザーの軽減や、CVR・LTVの最大化を実現します。 BOTCHAN PAYMENT 「BOTCHAN AI」 サイトに眠る膨大なデータをもとに、AIがサイト内の各コンテンツの特徴を分析して、ユーザーのニーズと紐付けます。そして、ユーザーからの質問をリアル接客のように、チャット形式で対応。一人ひとりに合わせた商品のレコメンドを、自動的に行うことが可能です。 BOTCHAN AI

2019.06.19

チャットボットサービス「BOTCHAN」が提供開始から約1年で、500アカウント突破!

株式会社wevnal(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:磯山博文、以下「wevnal」)が開発・提供するチャットボットサービス「BOTCHAN(ボッチャン)」(https://botchan.chat/)が、2018年4月の本格提供開始から約1年で導入アカウント数500を突破いたしました。 ユーザーの広告離れや人手不足の深刻化など、さまざな側面からチャットボットへの注目度は高まっています。 チャットボットとは、テキストや音声を用いて人間とコミュニケーションをとることのできる、自動会話プログラムです。 BOTCHANはローンチ以降、「BOTCHANシリーズ」として、入力フォームの最適化に特化した「BOTCHAN EFO」(https://efo.botchan.chat/)、ユーザーとの双方向な広告体験を実現する「BOTCHAN for LP」(https://lp.botchan.chat/)、そしてAI(人工知能)を搭載した「BOTCHAN AI」(https://ai.botchan.chat/)など、プロダクトの多角化を進めてまいりました。 さらなる顧客感動を目指して、今後も引き続きサービスの開発・改善を行ってまいります。   【500アカウント突破に寄せて】 ▶株式会社wevnal COO兼ChatbotAI事業部長:前田 康統 BOTCHANを販売するにあたり、最初にぶつかった壁は「どう売ったらいいか分からない」でした。 導入していただければ、絶対にお客様のお役に立てるという自信はありました。 しかし、例えば「チャット形式はユーザーに親しみのあるUI/UXだから、サイトの離脱率低下に貢献できる」と理屈上では言えても、やっぱり具体的な数値がないと説得力がありません。 使っていただかないと始まらない、逆に使ってもらいさえすれば満足していただけると思っていたので、ローンチ当初は知り合いの企業様をあたって導入して頂いたり、無料キャンペーンを実施するなどして、とにかく実績を積むことに必死でした。 いまは着実に導入企業数、実績ともに積み上がってきており、今後は特にAIの開発に注力していきたいと考えています。 単純なデータ量、技術力では中国やアメリカに一日の長があるかもしれません。 しかし日本には、人口減少という社会的背景、またその労働力不足をロボットで補うことに、それほど抵抗のない文化というアドバンテージがあります。 そこに我々の勝機を見出して、日本、そして世界で戦えるサービス作りをしてまいります。   ▶株式会社wevnal CTO:木曽 隆 BOTCHAN EFOにおいて、様々なCRMサービス、MAサービスとのAPI連携を強化し、コンバージョンデータをより有効にご利用いただける機能を揃えてまいりました。 また、チャットボット決済への対応も進め、お客様には様々なシーンで活用いただけるようになっております。 BOTCHAN AIにおいても着実にご利用企業様を増やし、自然言語認識やレコメンデーションエンンジンの強化に努めています。 今後、エンドユーザへより快適な会話エクスペリエンスを提供していくだけでなく、クライアント様にとってもよりマーケティング等に幅広く活用いただけるよう、AI含め様々な改良を予定しております。   【会社概要】 社名:株式会社wevnal 本社所在地:東京都渋谷区渋谷1-11-8 渋谷パークプラザ5階 コーポレートサイト:https://wevnal.co.jp/ 設立:2011年4月 代表者:代表取締役社長 磯山博文 事業内容:ChatbotAI事業・デジタルマーケティング事業・制作事業・メディア事業

株式会社wevnal(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:磯山博文、以下「wevnal」)が開発・提供するチャットボットサービス「BOTCHAN(ボッチャン)」(https://botchan.chat/)が、2018年4月の本格提供開始から約1年で導入アカウント数500を突破いたしました。 ユーザーの広告離れや人手不足の深刻化など、さまざな側面からチャットボットへの注目度は高まっています。 チャットボットとは、テキストや音声を用いて人間とコミュニケーションをとることのできる、自動会話プログラムです。 BOTCHANはローンチ以降、「BOTCHANシリーズ」として、入力フォームの最適化に特化した「BOTCHAN EFO」(https://efo.botchan.chat/)、ユーザーとの双方向な広告体験を実現する「BOTCHAN for LP」(https://lp.botchan.chat/)、そしてAI(人工知能)を搭載した「BOTCHAN AI」(https://ai.botchan.chat/)など、プロダクトの多角化を進めてまいりました。 さらなる顧客感動を目指して、今後も引き続きサービスの開発・改善を行ってまいります。   【500アカウント突破に寄せて】 ▶株式会社wevnal COO兼ChatbotAI事業部長:前田 康統 BOTCHANを販売するにあたり、最初にぶつかった壁は「どう売ったらいいか分からない」でした。 導入していただければ、絶対にお客様のお役に立てるという自信はありました。 しかし、例えば「チャット形式はユーザーに親しみのあるUI/UXだから、サイトの離脱率低下に貢献できる」と理屈上では言えても、やっぱり具体的な数値がないと説得力がありません。 使っていただかないと始まらない、逆に使ってもらいさえすれば満足していただけると思っていたので、ローンチ当初は知り合いの企業様をあたって導入して頂いたり、無料キャンペーンを実施するなどして、とにかく実績を積むことに必死でした。 いまは着実に導入企業数、実績ともに積み上がってきており、今後は特にAIの開発に注力していきたいと考えています。 単純なデータ量、技術力では中国やアメリカに一日の長があるかもしれません。 しかし日本には、人口減少という社会的背景、またその労働力不足をロボットで補うことに、それほど抵抗のない文化というアドバンテージがあります。 そこに我々の勝機を見出して、日本、そして世界で戦えるサービス作りをしてまいります。   ▶株式会社wevnal CTO:木曽 隆 BOTCHAN EFOにおいて、様々なCRMサービス、MAサービスとのAPI連携を強化し、コンバージョンデータをより有効にご利用いただける機能を揃えてまいりました。 また、チャットボット決済への対応も進め、お客様には様々なシーンで活用いただけるようになっております。 BOTCHAN AIにおいても着実にご利用企業様を増やし、自然言語認識やレコメンデーションエンンジンの強化に努めています。 今後、エンドユーザへより快適な会話エクスペリエンスを提供していくだけでなく、クライアント様にとってもよりマーケティング等に幅広く活用いただけるよう、AI含め様々な改良を予定しております。   【会社概要】 社名:株式会社wevnal 本社所在地:東京都渋谷区渋谷1-11-8 渋谷パークプラザ5階 コーポレートサイト:https://wevnal.co.jp/ 設立:2011年4月 代表者:代表取締役社長 磯山博文 事業内容:ChatbotAI事業・デジタルマーケティング事業・制作事業・メディア事業

2019.04.25

B2Bマーケティングオートメーションをサポート。BOTCHAN EFOがSalesforceが提供するMAツール「Pardot」と連携。少ない労力で見込み客をファンにする仕組みを。

CVRを劇的に向上させるEFO特化型チャットボット「BOTCHAN EFO」(https://efo.botchan.chat/)を開発・提供する株式会社wevnal(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:磯山 博文、以下「wevnal」)は、BOTCHAN EFO と株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表:、以下:Salesforce.com)が提供するMAツール「Pardot」とAPI連携を行い、チャットボットからのCVデータをPardotの管理画面にて一元管理することが可能となったことをお知らせいたします。   今回のAPI連携により、BOTCHAN EFOでのウェブ接客に加え、CVしたデータをPardot上で一元管理することが可能になり、見込み客への自動営業支援を実現することができます。 現在、Pardotをご活用の事業者には、是非BOTCHAN EFOとの掛け合わせることで、更なるCVR向上を狙うことができます。 BOTCHAN EFOでは対話形式でフォームの入力をアシストすることが可能で、フォームのどの項目で離脱したかも計測できるため、フォーム入力の離脱率の改善にも繋げることが可能です。   【BOTCHAN EFOとは】 ウェブ接客ツールであるチャットボットとエントリーフォーム最適化サービスが合わさった、エントリーフォーム特化型のチャットボットです。「チャット形式のUI」、「詳細なデータ解析」、「低コストですぐに実装」の3つのポイントからエントリーフォームの最適化を図り、CVRの向上に貢献致します。   【Pardotとは】 Pardotは、B2Bマーケティングの「戦術」を、より手軽に実行できるようにしたものです。 ◼️「戦術」を実行できる たとえば、本来ならHTMLのようなプログラミング言語を知らないと出来ないような「お問い合わせフォーム」や、目を引くようなメールを直感的な操作で、作成することが出来ます。 ◼️「見込み顧客」の「興味・関心度」に応じて、マーケティングアプローチを変えられる たとえば、「興味・関心度」が高い人には、特別なページを用意することが出来たり、低い人には、もっと身近に感じてもらうためのページを用意できます。 ◼️Sales Cloudと連携して、見込み客データをマーケティングに活用できる このように、Pardotではマーケティングの「戦術」となる「メール」や「Webサイト」を、簡単に作成できます。そして、Sales Cloudと連携することで、マーケティングでもデータ活用ができるので、「非見込み顧客」を「見込み顧客」へ成長させる可能性が、より大きくなりそうです。 Salesforce Pardot:https://www.salesforce.com/jp/products/pardot/overview/   ■会社概要 社名:株式会社wevnal 本社所在地:東京都渋谷区渋谷1-11-8 渋谷パークプラザ 5F コーポレートサイト:https://wevnal.co.jp/ AI論文メディア:https://ai-scholar.tech/ 設立:2011年4月 代表者:磯山 博文 事業内容:ChatbotAI事業・インターネット広告代理事業・制作事業・メディア事業

CVRを劇的に向上させるEFO特化型チャットボット「BOTCHAN EFO」(https://efo.botchan.chat/)を開発・提供する株式会社wevnal(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:磯山 博文、以下「wevnal」)は、BOTCHAN EFO と株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表:、以下:Salesforce.com)が提供するMAツール「Pardot」とAPI連携を行い、チャットボットからのCVデータをPardotの管理画面にて一元管理することが可能となったことをお知らせいたします。   今回のAPI連携により、BOTCHAN EFOでのウェブ接客に加え、CVしたデータをPardot上で一元管理することが可能になり、見込み客への自動営業支援を実現することができます。 現在、Pardotをご活用の事業者には、是非BOTCHAN EFOとの掛け合わせることで、更なるCVR向上を狙うことができます。 BOTCHAN EFOでは対話形式でフォームの入力をアシストすることが可能で、フォームのどの項目で離脱したかも計測できるため、フォーム入力の離脱率の改善にも繋げることが可能です。   【BOTCHAN EFOとは】 ウェブ接客ツールであるチャットボットとエントリーフォーム最適化サービスが合わさった、エントリーフォーム特化型のチャットボットです。「チャット形式のUI」、「詳細なデータ解析」、「低コストですぐに実装」の3つのポイントからエントリーフォームの最適化を図り、CVRの向上に貢献致します。   【Pardotとは】 Pardotは、B2Bマーケティングの「戦術」を、より手軽に実行できるようにしたものです。 ◼️「戦術」を実行できる たとえば、本来ならHTMLのようなプログラミング言語を知らないと出来ないような「お問い合わせフォーム」や、目を引くようなメールを直感的な操作で、作成することが出来ます。 ◼️「見込み顧客」の「興味・関心度」に応じて、マーケティングアプローチを変えられる たとえば、「興味・関心度」が高い人には、特別なページを用意することが出来たり、低い人には、もっと身近に感じてもらうためのページを用意できます。 ◼️Sales Cloudと連携して、見込み客データをマーケティングに活用できる このように、Pardotではマーケティングの「戦術」となる「メール」や「Webサイト」を、簡単に作成できます。そして、Sales Cloudと連携することで、マーケティングでもデータ活用ができるので、「非見込み顧客」を「見込み顧客」へ成長させる可能性が、より大きくなりそうです。 Salesforce Pardot:https://www.salesforce.com/jp/products/pardot/overview/   ■会社概要 社名:株式会社wevnal 本社所在地:東京都渋谷区渋谷1-11-8 渋谷パークプラザ 5F コーポレートサイト:https://wevnal.co.jp/ AI論文メディア:https://ai-scholar.tech/ 設立:2011年4月 代表者:磯山 博文 事業内容:ChatbotAI事業・インターネット広告代理事業・制作事業・メディア事業