4月から改正障害者差別解消法
生成AIとの融合でバリアフリーな
WEBサイトを実現するには?

ボタン押下すると申し込みサイトに遷移します

開催概要

WEBサイトをご担当されている方であれば一度は聞いたことがある「WEBアクセシビリティ」
2024年4月1日より障害者差別解消法の改正内容が適用され、民間事業者にも「合理的配慮」
が義務化されることになりました。

このことで企業は、JIS X8341-3:2016に準拠したWEBサイトを作り、
WEBアクセシビリティを確保しないといけません。
ですが今はサイト作りだけではなく、お客様と関わる上でアクティビティは求められており、
円滑な接客・コミュニケーションを重要視している方は多くいらっしゃると思います。

そこで、WEBアクセシビリティサービス「ユニウェブ」を提供しているKiva社と、
ユーザーが抱える不安や疑問を解消し24時間365日迅速に対応することで
ブランド体験を向上させるサービス「BOTCHAN AI」を提供しているwevnalが
バリアフリーなWEBサイトを実現させる方法をお届けします。

開催日時3月5日(火)12:00〜13:00
会場本セミナーはオンライン開催となります。
お申し込み後、メールにて視聴URLをお送りします。
お手持ちのPCまたはスマートフォンよりご参加ください。
参加費無料
備考競合企業様などのご参加をお断りする場合がございます。
予めご了承くださいませ。

こんな方にオススメ

・他社が実施しているWEBアクセシビリティについて知りたい方
・実施すべきWEBアクセシビリティについて知りたい方
・WEBアクセシビリティの義務化について把握したい方
・ユーザーに合わせたサイト設計について知りたい方
・ブランド体験を重視したサイト構築をしたい方

登場者紹介


野尻 航太

株式会社Kiva
代表取締役社長




1998年生まれ。大学在学中に合同会社Puenteeを創業。
千葉鍛治刃物の代理店事業を展開し、数多くの鍛治職人と飲食業界をつなぐ。
2019年よりベンチャー企業で新規事業開発室長としてコンテンツマーケティング、
ECサイトを立ち上げ、事業売却までを経験。
世界で使われるサービスをつくりたいとの思いから、2020年株式会社Kivaを設立し、
安心して買える保証サービス「proteger」を提供している。 2023年12月より、
すべての人に平等なウェブサイトを提供するべく、ウェブアクセシビリティサービス
「ユニウェブ」の提供を開始。




森川 智貴

株式会社wevnal
BOTCHAN AI 事業責任者




慶應義塾大学卒業後医療ITコンサルティング会社へ新卒入社。
2018年8月wevnal中途社員としてBOTCHAN立ち上げメンバーとしてジョイン。
AI論文解説に特化したメディア「AI-SCHOLAR」を立ち上げ、日本一のAI専門メディアへ。
現在は、BOTCHAN AI 事業責任者と一般社団法人生成AI活用普及協会(GUGA)の評議員として
従事している。趣味は、テニスとゴルフ。

ボタン押下すると申し込みサイトに遷移します

チャットフォームで
資料をダウンロード

資料をメールで受取る

Request document via chatform

Receive document via mail

サービスの改善でお困りの方はお気軽にご相談ください。課題に応じた手法をご提案させていただきます。

チャットフォームで
お問い合わせ

Contact us via chatform

サービスの改善でお困りの方はお気軽にご相談ください。課題に応じた手法をご提案させていただきます。